住宅ローンを延滞してしまったピンチから脱出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを延滞してしまうと、家が売られてしまうというピンチに陥ります。
1ヶ月や2ヶ月の延滞ならば、家が強制的に売られてしまうという最悪の事態は避けることができますが、
3ヶ月以上延滞をすると、多くの銀行では保証会社に一括返済を求めます。
一括でローン残高を立替払いした保証会社は、強制的に家を売却する手続きに入ります。
そのままでは競売という手続きになってしまい、家がかなり安く売られてしまう可能性が高くなってしまいます。

一文無しで路頭に迷うピンチが俺に!

家という資産を持っている人の中には、いざとなったら家を売ればよいので大丈夫だと考えている人もいると思われます。
しかし、競売になってしまうと、家を売っても多額の借金が残ってしまうという最悪のパターンになってしまう可能性が高くなります。
例えば、住宅ローンが2000万円残っている場合なら、家が2000万円で売れたら、
とりあえずはローンを完済できるので、ピンチを脱出できます。
しかし、競売では相場が2000万円の家が、1000万円くらいの格安で売られてしまうということも起こりうるのです。
そうなると、家を失ってしまうと同時に、1000万円の借金を抱えることになります。
多くの場合、自己破産をすることになってしまうでしょう。
競売になってしまうと、家の売却価格のうち、1円たりとも手元に入ってきませんので、
その後自己破産をしたら、一文無しで路頭に迷うことになってしまう可能性もあります。
このような最悪のパターンだけは、なんとか避けたいと思うでしょう。

任意売却って制度を利用すれば大丈夫らしいぞ!

この最悪のパターンを避けるためには、任意売却という制度を利用することがおすすめです。
任意売却をしたら、ほぼ相場通りの価格で家を売ることができます。
先ほどの例なら、ほぼ2000万円で家が売れるので、ローンはほとんど完済できます。
ローンが残ってしまったとしても、月額5000円くらいの無理のない分割払いで、
残ったローンを返済していくという交渉を、専門業者がしてくれるでしょう。
任意売却の良いところは他にもあり、例えば引っ越し代金などは手元に残せる可能性があるということなどがあげられます。家が2000万円で売れたとしたら、その全額をローンの返済にあてられてしまうのではなく、引っ越し代金としていくらかは手元に残すことができます。
そのまま同じ家に住み続けたいのなら、親族や理解のある投資家に買い取ってもらって、家賃を払って住み続けるという選択肢などもあります。
住宅ローンを延滞しても、そのまま放置しておかずに、任意売却という制度を利用してみることがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*