ニトリもイケアも安くて手に入りやすい家具の代表ですが、
ニトリは日本の家具、イケアはスウェーデンの家具という以外に、
同じ家具でもどう違いがあるのでしょう。
両社とも安さを売りにしていても、デザインと品質には拘りを持っており、
豊富な種類の家具がありますが、ただ一日中探し歩いても目移りするばかりです。
まずは一家に一つは必要なソファや、限られたスペースの中で上手く利用した壁面収納
どちらも人気の家具から両社を比較してみましょう。

両社のソファを比較

イケアにもニトリにも布製、合皮など豊富な種類のソファがあります。
まずイケアの布製のソファーでは、別売りで替えカバ―の種類が多く、
季節や気分でカバーを付け替えることができます。
ただ、やはりイケアは全て組み立てが基本ですから結構大変です。
それでも低価格なので、組み立てが苦でないのであればお勧めです。
ニトリも布カバーを取り替えられますし、組み立てもありますが、
様々な機能があるのもニトリの魅力であり強みです。
取り外しのできる肘掛は、置き方次第でスツールにもなれますし、
ソファと並べてベッドにもできます。
また足元には収納スペースもあり1台で何通りもの使い方ができます。
日本の住宅は海外と比べるとスペースが限られているので、
日本企業であるニトリは日本の住宅については、
どう工夫すると快適に過ごすことができるのかよく研究されています。
ソファをファッション感覚として購入するのであればイケア、
機能性重視なのであればニトリでしょう。

両社の壁面収納を比較

壁面収納は、今では多くの家庭が決して広くはないスペースを
有効活用するための必須アイテムであり、
イケアもニトリも豊富な種類の壁面収納家具を売り出しています。
両社の壁面収納を比較すると、イケアは見た目にもおしゃれなカラフルな家具が目立ちます。
生活感の出やすいケーブルも目隠しできるようになっており、
スタイリッシュな収納家具となっています。
ニトリは部屋の広さに応じて壁面収納の棚の数をカスタマイズできるようになっています。
選べる棚の色はシンプルですが、テレビボードを含むリビング収納も
ひとまとめにすることを可能としています。
さらに耐震対策もしっかりしており安心です。
どちらを選ぶのかは住む人の好みによりますが、
見た目重視なのか、機能性重視なのかで決まってくるでしょう。
物が多い家であればニトリ、物が溢れ返っておらず余裕があるのであれば
イケアの壁面収納で色々アレンジするのもいいですね。
どちらも実物を見ることができますから、店頭に行ってチェックしてみましょう。