犬は遠い古代から、ずっと人間といっしょに生活してきた身近な存在です。
人間同士のように、直接話をすることはできませんが、
常に私たちの生活に寄り添ってくれ、癒しを与えてくれます。
また最近では屋外だけでなく、室内で犬を飼う人も増えてきており、
人間と犬との関係は、より密接なものになりつつあります。
またペットというよりも、子供やパートナーといった家族の一員として、
大切に扱われている犬たちも決して少なくありません。

犬の選び方

では家族の一員として犬を迎える場合には、どのようなことに注意して選べばいいのでしょうか?
まず犬には多くの種類があり、超小型犬から大型犬まで、
日本ではさまざまな大きさの犬が飼育されています。
大きな犬の場合には、飼育するためのスペースが必要なだけでなく、
ペットフードもたくさん食べるため、小型犬と比べてみると、かかる費用も高くなります。
また大きさだけでなく、犬の種類によって、
性格の傾向や被毛の手入れのしやすさなどに違いがあります。
そのため犬飼う前に、どんな種類の犬が自分の生活には適しているのか、
よく考えて選ぶことが大切です。
また犬の種類により、かかりやすい病気があったり、
飼う際に注意しておかなければならないことがあります。
たとえばゴールデンレトリバーなどの大型犬の場合は、毎日2回の十分な運動が必要なため、
散歩に連れて行く時間的な余裕も必要です。
また最近人気の高い柴犬の場合には、犬のアレルギーが発生しやすい傾向があります。
そのため犬種によっては、あらかじめ注意しておくことで、
より健康に過ごすことができるポイントがあります。

犬の病気の事

犬にも人間と同じような病気があり、最近では糖尿病や肥満などに加えて、
アレルギーに悩む犬も増えてきました
特に注意しなければならないことは、人間のように症状をことばで伝えることができないため、
飼い主が気づいた時には、思っている以上に重症化している場合が少なくないことです。
そのため日ごろのお手入れの際に、愛犬の健康状態に気を配ってあげることが大切です。
たとえば何度も掻く場所があれば、アレルギーなどのトラブルが発生している可能性があります。
また病気になった場合には、動物病院などでの治療が必要になります。
人間のような保険制度がなく、また自由診療の費用も高額になることが少なくありません。
そのためあらかじめペットのための保険に加入する人も増えてきました。
犬は私たちの生活に寄り添い、家族としてともに過ごす大切なパートナーです。
ぜひ健康状態にも注意し、少しでも長く、元気に暮らせるようにしてあげたいものですね。